沿革

▼2013〜2014年
青森県の人口減少の要因である若者の流出に対応するため、首都圏などに流出した青森県出身の若者などを対象に、青森回帰を促す取組みに関して青森県庁のベンチャー制度(職員提案)を活用し「若者からの青森学発進事業」を展開。
首都圏で、「青森」をテーマにした交流会の開催や青森県の特産品販売イベントを実施。

▼2015年
青森県で実施した事業の終了後、現在の神代表や、この取組みに関わったメンバーがNPО法人プラットフォームあおもりと連携し、首都圏で青森をテーマにした交流会などを開催。

▼2016年
これまで関わったメンバーにより任意団体あおつな実行委員会を設立。
当該委員会が主体となり、首都圏において「あおつな交流会」、青森県内において「トークショー」を開催。そのほか青森県からの受託事業として「青森に移住しNight」を開催。
この間、9月には当該任意団体は、一般社団法人あおつな創出プロジェクトとして設立

▼2017年
一般社団法人あおつな創出プロジェクトとして青森県と平川市からU・Iターンに関する事業を受託し、首都圏で5回、仙台市で2回の移住イベントを開催。

▼2018年
前年度に引き続き、青森県と平川市からU・Iターンに関する事業を受託し、首都圏で5回、仙台市で3回の移住イベントを開催した。また、平川市から移住お試しツアーを実施した。

▼2019年
受託事業として、前年度に引き続き、青森県と「Uターン促進交流会開催等業務」を受託し、青森に関する移住イベントを東京都内で3回、仙台で1回開催。また平川市と「平川市首都圏からのUIターン戦略事業業務」を受託し、平川市に関する移住イベントを東京都内で1回、仙台で1回開催。また、平川市とはその他「平川市移住交流・働き方体験プロジェクト事業業務」を受託し、首都圏等に在住する青森県出身者などを対象として平川市で2泊3日の移住お試しツアーを秋と冬の2回(秋5名、冬5名参加)実施。

自主事業として、日本在住のインドの方々と青森でインドの交流会を開催した他、黒石市で清掃活動と青森知るツアーを実施。

▼2020年
前年度に引き続き、地方自治体と移住に関する活動について受託を予定。
また、自主事業として、独自に首都圏などで移住や青森とのつながりをテーマにしたイベントを開催する他、青森県内の地域づくりや移住などを支援する団体等との連携を図る。